コンテンツへスキップ

睡眠の時はナイトブラが快適です

バストが垂れるのを防止するためにブラジャーを着けて寝ていましたが、寝返りの時にワイヤーが当たって痛かったり、寝起きに肌にブラジャーの跡が残っていたりしました。ナイトブラに変えることによって、バストをしっかりサポートしてくれるにもかかわらず、ワイヤーやホックで痛くなることもなくなりました。

ボディへの締め付けもキツくなく、快適な睡眠ライフを送ることができています。また、ナイトブラは寝るときに着用するように作られているためか、寝汗で蒸れることもないため、着ていても心地が良いです。

 

背中のぜい肉がいつの間にかバストに

とりあえずバストの現状維持としてナイトブラを使用したところ、バストアップ効果もあり非常に嬉しい思いです。背中のぜい肉が気になっていましたが、ナイトブラを毎日着用することで少しずつ背中や脇に流れていた脂肪がバストに戻ってきました。

離れ目だったバストも少しずつ真ん中に寄ってきて、形の良いバストになりつつあります。トップの位置も上がり、見た目のボリュームが増したように実感しています。バストアップ効果があるにもかかわらず、体への負担はほとんど感じず、逆に肩こりなどが無くなりました。

中止するかどうかの判断基準を知ろう

バストの型崩れを防ぐ、バストアップ効果を期待することが出来るとして、ナイトブラを使用しているという人も多いようです。しかし、人によってはナイトブラを着用したことにより、苦しく感じてしまったり、バストが潰れてしまっているように感じている人もいます。

このような場合、継続して使用することにより、本来期待することが出来る効果がなく、逆効果となってしまう可能性もあります。そこで、ナイトブラを使い続けるか中止するかの判断基準を事前に知っておくと、無理なく使うこと出来ることでしょう。

 

バストサイズを再度確認してみよう

ナイトブラは、就寝時に着用することを前提として作られているものですので、着用して苦しさを感じるということはありません。それがナイトブラを着用し、苦しさを感じるようであれば、使用することは中止した方が良いと言えます。ある調査によると、ナイトブラを着用することで、安眠効果が期待できると言われています。

しかし、体に合わないサイズのナイトブラの場合、睡眠を妨げ、血行不良を招く原因となる可能性があります。また、バストの型崩れを引き起こす可能性もありますので、ナイトブラのサイズを見直すと良いでしょう。

脇の贅肉も活用してバストアップを行う

バストがありますとコーディネートが決まりやすくなる利点があります。しかし、理想のバストを満たしていないと思う女性は多く、近年では様々なアプローチでバストアップを図っています。ブラジャーは、女性が胸を支える目的で使われる下着ですが、それ以外にもバストアップを目的にした機能が導入されている物が増えてきています。

脇の贅肉を寄せて上げる事によってバストアップが実現出来るようになっています。更に就寝時にもブラを着けられるようにナイトブラも販売されていますので、常に姿勢によってブラを変えて、バストを整えられる環境が整っています。

 

ナイトブラを使う事でバストが横に流れるのを防ぐ

ブラをしなければ、重力によって引っ張られて、将来的に垂れる原因になってしまいますので、ユーザーは適切なブラを探して使っていくと効果的です。適切なナイトブラとしては、導(みちびき)リメイクアップブラなどがありますが、就寝時でもブラのデザインが気になるのであれば、出来るだけデザインが優れているナイトブラを選択していくと良いです。

ナイトブラは、就寝時にこそ効果を発揮するように作られていますので、日中は立ったり、座ったりする際に姿勢が正せて脇の贅肉も寄せて上げられる機能を持つブラを使って、時と場合を考慮して使い分けていく事が大切です。

ナイトブラは妊娠中や授乳中につけることはできるのか

ナイトブラは、バストアップが手軽にできることで知られるブラジャーの商品です。夜寝ているときに着用するだけでバストケアを行うことができます。バストの垂れが気になってしまう人に向いています。このナイトブラは、妊娠中や授乳中に使用できるのか気にする人も中にはいます。

結論としては、これらの期間においてもできるだけつけておいたほうが良いでしょう。ブラジャーをつけているときには、締め付けが苦しくてついはずしたくなってしまうように思うこともあります。ナイトブラの場合は、そうした締め付け感が普通のブラジャーと比べてありませんので寝ていても快適に過ごすことが可能です。

 

寝ているときでもバストに負担がかかることも

寝ている間においても、実はバストには負担がかかっています。仰向けに寝ているときには、ブラジャーを身に着けていない場合バストは頭の方向と脇の方向へ垂れてしまいがちです。バストの重みで皮膚が引っ張られたり、乳腺を支える重要な役割を持つクーパー靭帯を伸ばしてしまう原因にもなります。

寝返りを打つときにもバストが押しつぶされる可能性があり、こちらもバストが垂れてしまう原因になっています。そのため、妊娠中や授乳中においてもナイトブラを身に着けることでバストをケアすることはスタイルの維持にとても有効です。